ECサイト(electronic commerce site)とは、インターネット上で商品や情報などを販売するWebサイトのこと。
自社のWebサイトに連動したECサイトを作ることで、様々なメリットを得ることができます。

ところで、ECサイトって・・・?

ECサイトとは、本来はイーコマース(電子商取引)を行う全てのウェブサイトを総称する言葉で、ネットショップ以外にもネットオークションサイト、コンテンツ配信サイト、オンライントレードのサイトなどが含まれます。しかし実際には、ECサイトという言葉は概ねショッピングができるサイトという意味で使われています。

メリット

ECサイトには、営業時間や休業日の概念がありません。障害やメンテナンスで止まる場合もありますが、基本的に365日24時間稼働しています。
「いつでも」「どこでも」「誰とでも」取引を行い、収益をあげることが可能です。
世界中の国や地域とビジネスができることから「越境EC・クロスボーダーEC」という言葉も生まれ、海外へ販路を拡大したい事業者の注目を集めています。

デメリット

ECサイトでは、実際に商品や情報を手に取ることができません。お客様に「どこまでイメージしていただくか」、それに合わせた「見せ方」が重要になってきます。
また、ライバルも多いため、対策・戦略が重要になってきます。

いかがですか?
メリットとデメリットを踏まえた上でのサイト構築が必要になります。

まずは、ご相談ください。
Webマーケティングも含めた提案をさせていただきます。